注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

8843

 2016年8月4日 三番瀬早朝の干潟 私には未だ区別が難しい『オオメダイチドリ』(左)と『メダイチドリ』(右)と思われるが未だ確信がありません

8820
 手前2羽は『メダイチドリ』 中央奥の1羽が『オオメダイチドリ』ではないだろうか

Dsc_8864

 幼鳥

Dsc_8875
 『メダイチドリ』

7993

 『ウミネコ』の奥に2羽の『ダイゼン』

Dsc_8772

Dsc_8773

Dsc_8776

 幼鳥でしょうか

Dsc_8780

 後ろで魚が跳ねました

8853

 中央の2羽は『トウネン』でしょうか シギチは難しい

8852

Dsc_8801

Dsc_8848

 右は『キアシシギ』でしょう 左は『メダイチドリ』

Dsc_8794

8842

 『ウミネコ』

8833

Dsc_8792

8470

 『コアジサシ』の大群が出現しました

8474

 地元の人のお話では稲毛海岸に到来している大群の分派の可能性あり

8477

8482

8496

« 鶴見川・大倉山散策 雨ばかり(2016年7月末~8月2日) | トップページ | 谷津干潟 『オオメダイチドリ』『メダイチドリ』他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る