注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

 承前 沖縄やんばるの固有種を訪ねて(8) 『シマキンパラ』『キンパラ』

Dsc_3171

 ヤンバルの森で巨大な蝙蝠が出現 『オリイオオコウモリ』だそうです

Dsc_3172

 南西諸島には『クビワオオコウモリ』が存在し固有亜種として『エラブ』、『ダイトウ』、『タイワン』、『オリイ』、『ヤエヤマ』と固有種が存在するそうだ。沖縄ヤンバルには『オリイオオコウモリ』がそんざいする。

3176

 『エラブ』、『ダイトウ』は絶滅危惧CR指定 『オリイ』、『ヤエヤマ』は準絶滅危惧種

3177

3178

Dsc_3164

Dsc_3181

 『カワセミ』は本土と変わらないですね

Dsc_3179

Dsc_3183

 『ヒヨドリ』 日本には8亜種いるそうですが、此処は『リュウキュウヒヨドリ』です

Dsc_3184

 全体に黒く 頬の赤斑が喉まで連続するようだ

Dsc_3185

Dsc_3188_2

 『ヤンバルクイナ』二度目の登場です

 参考 沖縄やんばるの固有種を訪ねて(4)  『ヤンバルクイナ』

Dsc_3189

Dsc_3190

Dsc_3191

Dsc_3192

Dsc_3193

Dsc_3196

Dsc_3197

Dsc_3123

 『ノグチゲラ』三度目の登場ですね

3085

3087

3093

Dsc_3096

Dsc_3101

Dsc_3103

Dsc_3117

Dsc_3152

 参考 沖縄やんばるの固有種を訪ねて(1) 『ノグチゲラ』(2016年6月17日)

 参考 沖縄やんばるの固有種を訪ねて(2) 『ノグチゲラ』その2(2016年6月18日)

« 沖縄やんばるの固有種を訪ねて(8) 『シマキンパラ』『キンパラ』 | トップページ | 沖縄やんばるの固有種を訪ねて(10) 『レンカク』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る