注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

 承前 沖縄やんばるの固有種を訪ねて(4)  『ヤンバルクイナ』

Dsc_3042

 亜種 『ホントウアカヒゲ』です 大隅半島から屋久島を経て徳之島までいるのは亜種『アカヒゲ』で沖縄諸島には 亜種『ホントウアカヒゲ』がいます

Dsc_3054

 違いは沖縄の鳥は額が赤いです

Dsc_3058

 先日の奄美大島鳥紀行では残念ながら『アカヒゲ』には会えませんでした

3079

 ヤンバルの森には沢山のアカヒゲがいました

Dsc_3081

 参考までに『アカヒゲ』の英語名はRyukyu Robinだそうです こちらが欧米人には早くに知られたのでしょうか

Dsc_3024

 蛇足ながら 『コマドリ』の英語名はJapanese Robin

Dsc_3026

Dsc_3028

Dsc_3030

3035

Dsc_3046

Dsc_3062

Dsc_3068

« 沖縄やんばるの固有種を訪ねて(4)  『ヤンバルクイナ』 | トップページ | 沖縄やんばるの固有種を訪ねて(6) 『エリグロアジサシ』抱卵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る