注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

Dsc_8726

 多摩川河口で沢山の『オオヨシキリ』を見ましたが、鶴見川でも沢山います

Dsc_8713

 皆さん場所取りで懸命です 所謂縄張り確保です

Dsc_8714

 小さな身体で大きな口を開き大声で囀ります

 Dsc_8715

 国際自然保護連合 指定 絶滅危惧軽度懸念(LC)

Dsc_8719

Dsc_8721

Dsc_8722

Dsc_8725

Dsc_8727

Dsc_8728

Dsc_8729

Dsc_8732

Dsc_8733

Dsc_8737

Dsc_8735

Dsc_8743

« 鶴見川散策 『ヒメアマツバメ』(2016年5月24日) | トップページ | 鶴見川散策 『セッカ』さえずり飛翔(2016年5月24日) »

コメント

ふうてん

2016年5月24日 (火) 19時06分

JOさんお久しぶり

 鶴見川・鳥獣人物戯画が戻ってきましたね。
このオオヨシキリくんかわいいねぇ。
この間のカワセミくんも濡れてションボリしてねぇ。
鳥獣も人間も同じ生き物なんやねぇ。

 800年ほど前の高山寺の絵巻物が先駆者。
インディヒストリーは平成の語り部となりますか。
どちらも鳥獣人物戯画。
手塚治虫さんは高山寺の絵巻物のことをテレビで語っています。
(マンガのことは全部この戯画にやられている)
と。

jo

2016年5月25日 (水) 14時20分

ふうてんさん 御無沙汰

 オオヨシキリ君かわいいね 必死だけどね。競争相手が沢山いるようです。
 先日、飛島の探鳥に参加する為に山形の酒田港に出かけたが、風が強く船が欠航で引き返しました。
 懲りずに、明日から1泊の探鳥旅行にでかけます。場所は東北の温泉地です。
 尚、6月の頭は孫の小学校の運動会があり北海道に出かけます。

 北海道から帰還したら、今度は沖縄に探鳥旅行に出かける予定です。ホンマ忙しいです。

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る