注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

Dsc_5100

 谷津干潟一番奥の場所に『ホウロクシギ』です

4942

 谷津干潟の日記では数日前から出現してるそうです

4963

 『ダイシャクシギ』との区別が素人には難しいです

4989

4995

5023

 『ミユビシギ』ですよね、足の指が3本しか見えないです

5027

5016

 もう1羽いました,こちらは足環があります数字があるようですが

5022

 この日は三番瀬でも足環のある『ミユビシギ』を目撃しました

5013
 『カワウ』

5051
 多くの♀達を引き連れた♂の『オナガガモ』

5064

5065

 『ハシビロガモ』

5067

5059

 『コガモ』

5092

 『スズガモ』

4688

 『コサギ』

5081

 『ダイサギ』

« 三番瀬 『オオソリハシシギ』『ミユビシギ』(2016年4月13日) | トップページ | 大倉山散策 『イカル』(2016年4月15日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る