注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

Dsc_1818

 太陽が沈んだあと、ねぐらである渡良瀬遊水地葭原に帰還した『ハイイロチュウヒ』♂

Dsc_1819

 殆ど光が無い状況ですが、白い身体が微かな光を反射して美しい

Dsc_1832

 ガイドのNさんは最後の最後に『ハイイロチュウヒ』♂が2回も登場し安堵されていた

Dsc_1758

Dsc_1798

Dsc_1802

Dsc_1809

Dsc_1810

Dsc_1813

Dsc_1815

Dsc_1817

Dsc_1834

Dsc_1836

Dsc_1838

Dsc_1845

« 宮ヶ瀬 山歩きと野鳥 『カワガラス』(2016年2月8日) | トップページ | 渡良瀬遊水地 『チュウヒ』と葦原風景(2016年2月11日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る