注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

6426

 『シロフクロウ』♀だそうです 有馬温泉での卒寿&古希の祝いの翌日、娘夫婦と孫達と王子動物園を訪問した

6308

 真白なのが♂だそうです これでは雪の中では見つけられない

6425

6297

6277

 『フラミンゴ』

6312

 『マナズル』

6315

6318

 『オジロワシ』 年末に道東で沢山観察してきました

6326

 『ホンドフクロウ』

6393

 『ホロホロチョウ』

6473

 『ユキヒョウ』

6470

« 境川散策(湘南台)  『クイナ』『カシラダカ』他(2016年1月8日) | トップページ | 台湾金門島紀行(1) 『エンビタイヨウチョウ』(2016年1月15日) »

コメント

ふうてん

2016年1月16日 (土) 11時02分

思わず笑っちゃいました

 シロフクロウくん初めて知りました。
愉快ですねぇ、楽しいですねぇ、と淀長さん風になりますなあ。
シマフクロウという夜の狩りの王者はテレビで何度も見ました。
シロフクロウくん・・・知りませなんだ。
パンダくんといいこの白い愉快な仲間といいまさに鳥獣人物戯画の主役のようで。

jo

2016年1月19日 (火) 07時54分

 ふうてんさん 御無沙汰

 台湾 金門島に鳥撮ツアーに参加していました 台湾の領土が中国大陸の沿岸まで
 存在する事を知りませんでした。25年間以上大砲を打ち合っていたそうです。

 今では中国軍が打ち込んだ大砲の弾の残骸で包丁を造りみやげ物として販売して
 いましたよ。そんな、軍事緊張の境界の島は野鳥の宝庫という極めて平和的な皮肉な
 場所でもあるのです。

 おりしも、台湾の総統選挙でした。この島が何時までも野鳥観察が出来る平和を願いたい。

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る