注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

 承前 朱色5千基鳥居 伏見稲荷大社 その1(秦氏の聖なるライン)

 承前 伏見人形と甲子園球児

1628

 親戚の法事と親父おふくろ兄貴の墓参りの為に京都に帰省した。来年1月に娘がメキシコから帰省してくるので、是非、伏見人形を渡したいと思い人形を購入に伏見稲荷大社も参拝した。

1634

 全国に3万社存在する稲荷神社を束ねる大社です。この神社と秦氏や平安京との関係について今まで随分と記事を書いてきました、過去の記事を参照下さい。

1636

 狐さん、稲穂をくわえています、農業の神さんでもあるんですね。だから、稲を食べる『スズメ』は害鳥として参道で『スズメのピン焼き』を売っていました。

1637

 最近、外人に一番人気な場所は伏見稲荷大社だそうですね、仰山の観光客がおられました。

1639

1640

 宝珠の形をしていますね

1642

1643

1645

 蔵の鉤をくわえる狐さん

1663

 伏見稲荷大社を出て伏見街道を右に(北)に行くと伏見人形窯元の『丹嘉』があります。現在は7代目のご主人がおられます。

 参考 『丹嘉』
 参考 伏見人形一覧

 ところで、この伏見人形『寿老人』はご主人が特別に見せてくださったもので、天正3年銘がありました。

1661

 信長が死んだのが天正10年ですから、信長の時代には既に伏見人形は存在していたんですね。

1648

 伏見人形の由来です、秦氏と土師氏は同族なんですね。

1660

 伏見人形の事はもう亡くなられた、伏見在住だった考古学者 森浩一先生から教えて頂きました。

1659

 農業の神である伏見稲荷大社さんの土を持ち帰り自分の田圃に撒き豊作を祈った農民の為に深草にいた土師氏の子孫たちは土人形を製作したんですね。窯元のご主人の話では農民は伏見人形を自宅で粉々に粉砕し田圃に撒いたそうです。

1655

 確か崇神天皇の時代に古代最大の戦争、タケハニヤスとの戦いがありましたが、その時にタケハニヤスの奥さんは隼人の娘ですが、香具山の土を奪い呪いをかけたという話を思い出します。

1654

 昔はこの伏見街道に70件近い窯元が存在したそうですが、今は1軒しか存在しないのではないでしょうか。国際化の時代、伏見人形も再起をかけて中国や海外からの観光客のために何か新しい形の人形を提案してはどうだろうか。

1653

1652

1651

1650

1649

« 第25回 『G4の会』 合宿 那須岳と大丸温泉 | トップページ | 平塚田園地帯 『タゲリ』(2015年12月4日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る