注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

 承前 オランダ・ベルギー紀行 アムステルダム国立美術館編

8469

アムステルダムから南に100㌔地点にゴッホの森と呼ばれるデ・ホーフェ・ヘルウェ国立公園があります。其処に、クレラー・ミュラー美術館を訪問しました。

 ゴッホの作品が沢山収蔵されています。先ずは、『夜のカフェテラス』です

8443

 『アルルの跳ね橋』

8438

 『郵便配達夫ジョゼフ・ルーラン』

8437

 『自画像』

8442
 『糸杉と二人の女性』

8444

 『月が昇る夜の風景』

8445

 『雨空の干草の山』

8460

 『ジョゼフ・ジヌーの肖像』

8474

 『4本の切ったひまわり』

8467

 『ヒナギクとアネモネのある花瓶』

8471

 『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』 モンマルトルにあるダンスホールです、ルノアールも表題の絵を描いていますね

参考 ルノアールの『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』

8480

  ルノアールの『道化師』です

8439

 ルノアールの絵ですね

8454

  又、ゴッホに戻ります、『ジャガイモを食べる人々』

8456

 ゴッホです、左は『アルルの女 ジヌー婦人』、右は『ジョゼフ・ジヌーの肖像』です

8446
 ミレーの絵です

8447

8448_2

8450


8452

 ミレーの絵です


8463_2

 ポール・シニアックの『ダイニングルーム』です

8465

 ゴッホの静物画です


8476

8478

8482

 オデイオン・ルドンのギリシャ神話に登場する鍛冶技術を持つ単眼の巨人『キュクロープス』

8484


8487_2

8489

8490


8494_3

8424

8425


8427_2

8428


8497

8503

8531_2

 箱根彫刻の森美術館のモデルとなった美術館です

8532

8552


8554
8546

« オランダ・ベルギー紀行 アムステルダム国立美術館編 | トップページ | 戸隠高原の野鳥たち(1) 初日編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る