注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

11

 浜頓別 クッチャロ湖水鳥観察館を訪問しました。厳冬期でも一部氷結しない部分があり、『コハクチョウ』を中心に多くの水鳥を観察出来ます。写真は、多分世界最大の『オオワシ』です。厳冬期にカムチャッカを南下し道東に世界中の80%が集まると聞いています。

世界中から、冬季にこの『オオワシ』、『オジロワシ』と『丹頂鶴』を見学に観光客が集まるそうです。

12

 『オオタカ』

13

 『ハイタカ』

15

『ツミ』

16

 『エゾライチョウ』冬でも白くならない

17

 『チゴハヤブサ』若鳥、牧草地の林に生息するそうです

18

 『チョウゲンボウ』隼の仲間です

19

 『タシギ』

20

 『トラツグミ』、『ヤマシギ』

21


22

 『クマゲラ』

23_2

 『ヤマゲラ』

24

 『アカゲラ』

25

 『ゴジュウカラ』木の幹を上から下に歩きます

26

 『ハリオアマツバメ』

27

 『キジバト』

28
 カッコウの仲間で『ジュウイチ』だそうです

30

 『コマドリ』

31

 『ノゴマ』

32

 『ウソ』

33
 『ギンザンマシコ』♀です、♂は鮮やかな赤です

34

 御馴染み『コゲラ』

35

 『キレンジャク』尾が黄色

36

 おなじみの『ヒレンジャク』尾が緋色

37

 御馴染みの『カワセミ』

38

 『ヤマショウビン』

39

40

 『トラフズク』

 参考 クッチャロ湖水鳥観察館

 参考 クッチャロ湖水鳥観察館(2)

« 道北紀行 稚内 抜海漁港 | トップページ | 道北紀行 浜頓別 クッチャロ湖水鳥観察館 『コハクチョウ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る