注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

 承前 インド紀行(13) 『タージマハル)

 アグラ城塞はタージマハルを建造したシャージャハン帝が息子により幽閉された城として有名です。1565年に着工し73年に完成した、赤砂岩で造られた赤い城です。

 シャージャハン帝は幽閉された部屋から毎日、愛妻の霊廟であるタージマハルを眺めて晩年を暮らしたそうです。

897

 アグラ城塞が見えて来ました

899

 入口が近いです

902

 アマルシン門が見えてきました、ここから入ります

903

 確かに赤い城です

904

906
 さあ、入ります

907
 猿が住んでいるようです

912

913

 城門を潜ります

915

916

920

921

922

924

925

927

928

 アクバル門を潜ります

929

930

931


933

934

937

939

 城門を入る
941

 城門を入る

943

944

946

962

963

 一般謁見殿

966

 一般謁見殿

969

970

971

973

977
 インドハッカ(ムクドリの仲間)

978

979

 アングリー庭園とカース・マハル

984

 カースマハル

985

 アングリー庭園

987

988

 カースマハル

989

 ゴールデンパビリオン

990

 シャージャハンが1637年に娘二人のために建造したモザイクで装飾された美しい建物

991

993

996

997

999

1001

1002

1003

1006

微かにタージマハルが見えます

1007

 霞の中にタージマハル

1015

 ゴールデンパビリオン内部

1016

1020

1022

1025

1027

1028

1029

1030

1031

1033

1035

1037

1039

1040

 噴水

1041

1043

1045

1047

1048

1049

1050

1051

1053

1054

« インド紀行(13) タージマハル(Taji Mahal) | トップページ | インドで出会った野鳥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る