注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

承前 古代出雲紀行(19) 史跡出雲玉作跡

52_2
160_2




 出雲国二ノ宮である『佐太神社』です、出雲3大社の一つ(佐陀大社)です。

 佐太神社 公式ホームページ

 佐太神社は神在祭でも有名ですし、ユネスコ無形文化遺産に登録された佐陀神能でも有名です。そして、江戸時代は出雲10郡のうち3郡半の神社を配下に置いていた。(残りは杵築大社)

 弥生時代からの遺跡が存在し、杵築とともに重要な海洋交易の場所だったようです。佐太の語原について宮司さんに質問しました、私は朝鮮半島南西部にあったサダではないかと思うと質問しました(百済に割譲した1国)。

 宮司さんは著名な民俗学者の意見である、岬(サダ)という意味の見解でした。四国最西端にある佐田岬とか、幾つか日本には存在するそうです。先端、即ち水先案内人、猿田彦に通じます。

いずれにせよ、杵築大神と同じく交易海洋民が祭祀した神でしょうね。

50_2

 宮司さんにお別れの挨拶

158
161


49_2

« 古代出雲紀行(19) 史跡出雲玉作跡(2014年5月13日) | トップページ | 古代出雲紀行(21) 田中神社(2014年5月14日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る