注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

 承前 古代出雲紀行(8) 八雲立つ風土記の丘その2(岩屋後古墳)

 意宇川の南岸の丘陵に分布する古墳群を大草古墳群と呼んでいます。円墳、方墳、前方後方墳、出雲独特の石棺式石室、横穴墓・・・・と幾種類もの古墳を見学できます。多くは6世紀後半に築造されたものと考えられています。

96

 大草古墳群の説明です

97

 自転車を道端に置いて、尾根を登り始めます、目指すは古天神古墳です

98

 急な山道を登ります、大変面白い

99

100

 前方後方墳、石棺式石室を持つ全長25㍍の6世紀後半築造の『古天神古墳』です

101

102

103

105_2

 石棺式石室の横穴です

106

107

 東百塚山古墳 群の1号墳です

109

110

 東百塚山古墳群1号墳です、まわりに沢山の高塚墳がありました

111

 これも古墳です

113

114

 イノシシの捕獲檻でしょうか

 

« 古代出雲紀行(8) 八雲立つ風土記の丘その2(岩屋後古墳) | トップページ | 古代出雲紀行(10) 八雲立つ風土記の丘その4(出雲国府跡) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る