注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

 承前 出雲古代史紀行(3) 概要編 須佐神社・荒神谷遺跡

22

 此れからは、東出雲地域、即ち意宇地方を中心に古代史史跡を巡ります。先ずは最近若い女性たちに大人気の八重垣神社のご紹介です。松江駅からバスがでています、20分程度で到着します。

23

 祭神はスサノオとクシイナダヒメですが、二人の子供である青幡佐久佐日古命(アオハタ・サクサヒコ)を祀る。私が推測するにスサノオがヤマタノ・オロチを退治したあとクシイナダヒメと宮を構えたのはもっと山奥の雲南市大東町の須我神社の地でないかと思います。そして、その後、息子が祭られる意宇郡大草郷のこの地に遷座したと推測されます。

24

 八重垣神社は昔はスサノオとクシイナダヒメの子供の名前である佐久佐神社と呼ばれていました。

25

 八重垣神社公式ホームページ

26

27

古事記に記載された最古の和歌、スサノオの歌です。『八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣つくる その八重垣を』、この地域は気象関係でよく雲が湧くそうです、スサノオはヤマタノオロチを退治する時に大事なクシイナダヒメの宮の周りに八重の垣を巡らせ守ったのでしょうね。その風景と、出雲の空の雲の風景が似ているという意味の和歌でしょうか。

28

29

 千木は伊勢神宮と同じ、女神を祭る水平で男神を祀る出雲大社とは異なります、鰹木は3本と奇数ですから男神を意味しているのですが、現地ガイドの女性は鰹木の数は関係ないという説明でした。

30_2

 貴布称社・手摩乳社(てなづち)

31

 山神社

32

33

 奥の院

34

 二本の椿の木が 途中で合体したそうですよ、仲が良いという事でしょうか

35

 古そうな杉の大木です

36

 クシイナダヒメが鏡代わりに使用した鏡池

37

 早く沈むと早く相手が見つかるそうです、だから重いコインを乗せると良い

38

 占いの紙の上をイモリが横切ると大吉だそうですよ

40

41

 天鏡神社、クシイナダヒメを祀る

42

 私は西部出雲、神戸川・斐伊川流域のスサノオが出雲東部の意宇平野の地域に進出し現地の豪族の娘を嫁にし出雲全域を制圧した歴史を語っているように思います

43

 出雲には八の数字が多く出てきますね、八雲・八岐大蛇・八重垣・・・・・

 

 

« フィンランドとバルト三国の旅(4) ラトヴィア リガ歴史地区(その2) | トップページ | 出雲古代史紀行(5) 概要編 松江城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る