注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

201317_303

 『イカルチドリ』のペアですが、片方の個体には足環(左足ピンク、右足青)があり、もう片方にはありませんでした

201317_292

 こちらは、足環の無い方の個体です

201317_304

 顔の廻りの黒色がより濃い感じがします

201317_265

 二羽が仲良く一緒です

201317_300

 201317_299

  足環のある個体は放鳥された個体でしょうね

201317_264

201317_273

201317_278

201317_067

201317_237

 山科鳥類研究所から連絡を受けました。以下、メール内容です

山階鳥類研究所で回収業務を担当しております東です。
日頃標識調査にご協力を頂き有難うございます。

この度は、標識イカルチドリの観察情報と写真を有難うございました。
お送り頂いた写真を放鳥者に転送し確認していただきました。
その結果、この鳥に装着された環境省の足環番号が特定されましたので
放鳥時の記録をお知らせいたします。

足環番号 4A-12128
種  名 イカルチドリ
年齢/性別 不明 / 雛
放鳥日  2013年7月4日
放鳥場所 埼玉県深谷市上ノ山(荒川の近く)
放鳥者  内田 博

写真からは環境省の金属足環が確認できなかったのですが、右脛に装着した足環に
緑のカラーテープを巻いてあるとの事で、それが金属足環だという事が判りました。
放鳥者によりますと、この個体は巣立齢(飛べる状態)で生存を確認していたそうで
す。
この度の確認は、雛の分散例では貴重になものになるとの事で、大変ありがたいとの
事です。
報告者の方に宜しくお伝えくださいとの事でした。

写真のカラーリングとの組み合わせにより、個体が特定されましたので、「標識鳥回
収記録」
として登録致します。

データの整理が終わりましたら記録の写しをお送りさせて頂きます。

この度は標識鳥の貴重な発見情報を有難うございました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

山階鳥類研究所 保全研究室 東 千鶴

« 鶴見川散策 『ヨシゴイ』(2013年11月14日) | トップページ | ギリシャ紀行(1) 速報版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る