注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

 承前 第20回『G4の会』 会津紀行(2) 鶴ヶ城編

201310_226

 白虎隊20名自刃場所、うち1名は助けられ蘇生する。鶴ヶ城が煙に包まれ落城したと観念したそうです、16歳と17歳の少年兵でした。

201310_220

 一人の生き残りの飯沼貞雄さんのお墓です。

201310_221

201310_224

 中央アンテナに重なる遠方に鶴ヶ城が見えますね

201310_228 

 鶴ヶ城を遠望している場面です

201310_229

 白虎隊殉難之詩碑

201310_234

201310_235

 白虎隊墓地

201310_236

201310_237

201310_239

201310_240

201310_241

201310_242

« 第20回『G4の会』 会津紀行(2) 鶴ヶ城編 | トップページ | 第20回『G4の会』 会津紀行(4) 磐梯山噴火記念館編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る