注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

2 アンコール・トム遺跡から東北40キロの地点にフランスの作家であるアンドレ・マルローが東洋のモナリザと絶賛した女神像がある寺院、バンテアイ・スレイ (女の砦)があります。寺院は967年にヒンドゥー教の寺院として建造されたがその後、密林に埋もれ1914年に偶然に地元民が焼畑をしていた時に発見された。

 石造物が黒いのは焼畑の時に焼かれた痕跡である。写真は東洋のモナリザと呼ばれる女神像(デヴァター)でマルローが盗み出そうとして逮捕され、有名になりました。

 参考 バンテアイ・スレイ(東洋のモナリザ)写真集

 アンコール・トムから車で向かいましたが、途中のカンボジアの田舎の風景がとても興味がありました。まだ内戦の傷跡が残る風景ですが、逞しく復興の道を歩むカンボジアの人々の暮らしを少しは感じる事が出来ました。 

« 邪馬台国003 纒向の神殿跡:JR桜井線巻向駅 | トップページ | 鶴見川散策 『コヨシキリ』と『オオヨシキリ』(2013年8月3日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


トラックバック


トラックバック一覧

邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る