注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

 奈良県桜井市の纒向(まきむく)遺跡は、邪馬台国の有力な候補地と見なされています。そこには隣接して三輪山があり、古代・三輪王権の始まり・第十代崇神天皇「磯城瑞籬宮跡」(しきのみずがきのみやあと)がすぐ南にあり、続く垂仁天皇の宮は纒向の珠城宮(たまきのみや)、景行天皇の宮は纒向の日代宮(ひしろのみや)と言われています。すなわち、「纒向」という土地柄は、日本書紀に描かれた初期ヤマト王権発祥の土地とも言えるわけです。

Asajiharaimg_3420

 邪馬台国とヤマト王権との連続性についての定説はまだありませんが、地図に照らしてみると、纒向遺跡と日本書紀の三輪王権とは重なります。写真はその纒向遺跡の中心地と考えられる、大型建造物の発掘現場です。JR巻向駅のホームの北端と交差しています。

 この建造物遺跡が神殿なのか、卑弥呼の居室なのか、2009年秋以来いろいろ想像がめぐらされています。確定的な結論が出るには時間がかかると思います。それよりもこの写真を纒向遺跡ひいては邪馬台国遺跡のランドマーク(目印)と思って掲載してみました。纒向遺跡全体はこのJR巻向駅を中心として、東西南北半径2キロの円内に収まると考えれば間違いありません。遠隔地から纒向遺跡に訪れて、迷ったときはこのJR巻向駅を目印にしてください。 By 浅茅原竹毘古

« カンボジア 日の出のアンコール・ワット | トップページ | カンボジア バンテアイ・スレイ(女の砦) 東洋のビーナス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552890/48164626

トラックバック一覧

邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る