注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

Photo

 アンコール・ワット正門(西塔門)を入ると壁一面に女神像のレリーフがあります。ヒンドゥー教の神で女性です。アプサラ(アプサラス)とも呼ばれ、インド神話では水の精であり天女であり白鳥にも変身するという。『ラーマーヤナ』ではアプサラーと呼ばれるそうだが、要は女神さんですね。

Photo_2   30年後に建造されたアンコール・トムのバイヨン寺院は仏教のお寺ですが、同じく女神さん、天女として沢山の女神像が彫られています。しかし、アンコール・ワットの方が肉感的で妖艶に描かれているように思います。

 彼女が左手に持つのは払子(ホッス)というインド古来の蚊や蝿を追い払う道具ではないでしょうか。鳥の羽根とか麻の繊維を束ねたものだと思います。蓮の花を持つ女神も居られました。

 女神は中国に伝わり、そして、日本でも天女として仏教の世界では描かれるようになりました。残念ながら、寒い国であり黄河流域や朝鮮半島を経由している間に、裸ではなくなりました。インドやシャムやクメールから直接伝道していれば、平等院の天井の天女も裸だったかも判りませんね。

                         By: Indie Jo

« カンボジア アンコール・ワット(西塔門 正面) | トップページ | カンボジア アンコール・ワット(表参道から本殿を観る) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552890/47957024

トラックバック一覧

邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る