注目キーワード(PR) 国内旅行 海外旅行

Photo  ピミアナカスすなわち、『天上の宮殿』とも『空中楼閣』とも呼ばれる建造物です。

 クメールにはヒンドゥー教がインドから伝わる以前から蛇信仰が土着の宗教として、存在していました。蛇神は『ナーガ』と呼ばれ、変身するのが得意でした、特に美女に変身するのが得意だったようです。

 伝説では、王は夜に皇后さんとか妃と交わる前に必ずこの蛇神様が居られる『空中楼閣』に登り、蛇神様と交わらねばいけなかったそうです。それを怠ると、国には災難が降りかかると信じられていました。

 この土着の『蛇信仰』は古代のヤマトの三輪山信仰と何処か通じています。三輪山の大物主(大国主)さんは変身が得意でした、その正体は蛇だったと日本書紀は伝えています。違うのは男と女で逆転しています。ヤマトトヒモモソヒメが三輪の神の正体を見破りますがその行為により死んでしまいます。今、話題の卑弥呼の墓という説が有力な箸墓古墳の伝承ですね。

 ヤマトの場合は外来の勢力である天孫族(アマテラス信仰)が土着の蛇信仰を持つ大物主とせめぎ合った歴史を語っていると、私は思います。何れにせよ、遥か何千キロも離れた日本列島にはクメールと同じ『蛇神』の信仰が存在していた事は事実ではないだろうか。

                                   By: Indie Jo

« カンボジア アンコールトム バイヨン寺院(女神像) | トップページ | カンボジア アンコールトム バイヨン寺院(象のテラス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552890/47896962

トラックバック一覧

邪馬台国

このサイトについて

世界中を旅する歴史好きライターのレポート。世界遺産、自然遺産から日本の考古学にも触れます。邪馬台国関連情報もチェックできます。

ライター紹介

  • インデイ筒井インデイ筒井
    世界中の遺跡や不思議な場所を探訪し人間の歴史の根底を探し求め、流離う好古旅行家。
  • 浅茅原竹毘古浅茅原竹毘古
    京都府宇治市在住の、古代史を趣味にしている大学教授です。趣味がこうじてライフワークになりそうです。

携帯URL

ケータイ用アドレス

バーコードを読み取るか、ケータイにURLを送信してアクセスしてください。

携帯にURLを送る